PR

【持たない生活】交通系ICカードは卒業!モバイル決済に変更して500円デポジット受取り

【持たない生活】 交通系ICカードは卒業!500円返金 モバイル決済へ お金

交通系ICカードを持っている方向けの記事です。

日々の支払いをキャッシュレス決済にすると、家計の管理がラクになります。

交通系ICカードを持っている方は、モバイルICOCAやモバイルSuicaに変更し、カードを返却して持たない生活で身軽に。

デポジット(500円)を預けっぱなしにしていると、もったいないですよ。

忘れずに返却手続きしてしまいましょう。

交通系ICカードを返却するメリット

  • カードを1枚減らせる
  • 管理するものを1つ減らせる
  • デポジット(500円)を受け取れる

カード1枚ではそれほど場所を取らなくても、いつかデポジット返却しようと置きっぱなしにしていると、脳のリソースが取られてしまいます。

不要になったものは、解約するのがおすすめです。

モバイルSuicaやモバイルICOCAにするメリット

  • スマホ1つですべての決済が完了する
  • いつでもチャージできる
  • 履歴の確認が簡単
  • 家計簿アプリと連携しやすい

モバイルSuicaを使い始めて、持ち物が減り、快適です。

交通系ICカードのデポジット返却手順

(2024年7月現在)

交通系ICカード残高を使い切る重要性と手数料について

チャージ残高が残っていると残高から手数料(最大220円)が引かれるので、残高とポイントを使い切ってから返却しましょう。

  1. ポイント交換を済ませる
  2. チャージ残高は、電車賃や買い物の支払いなどで使い切る
  3. デポジット(500円)返却手続きをする


交通系ICカードの返却方法

通常のICOCA、Suicaの返却方法

駅の「みどりの窓口」で返却手続きをする

※「みどりの窓口」は減少傾向なので、早めに返却してしまいましょう。

各JRのエリア内でしか返却できないので、引越しの際は返却しておきましょう。


SMART ICOCAの返却方法と注意点

『SMART ICOCA』は「みどりの窓口」で返却できません。

ネットから手続きが必要です。

クレジットカードと紐づいているからですね。

私は、モバイルSuicaの利用を開始して、不要になったSMART ICOCA返却手続きをしました。

先にSMART ICOCAと紐づいていたクレジットカードを解約していたので以下の手順で返却手続きができました。

  1. JRおでかけネット申請フォームか電話で「SMART ICOCA払戻申込書」を請求。
  2. 「SMART ICOCA払戻申込書」が届いたら、デポジット返金振込口座を記入し、カードと共に返送。
  3. 返金振込予定日のお知らせが届き、振込完了。

手続き完了まで、1ヵ月以上かかりました。

交通系ICカードの返却手続きが完了してスッキリ。

まとめ

持たない生活を目指すために、不要な物と向き合って整理しましょう。

1枚のカードのことですが、小さな一つ一つの積み重ねで生活しやすくなっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました