PR

偏食の子どもに好評だったホットクック牛丼

ホットクック

こんにちは、2歳差姉妹を子育て中のらぼ(管理栄養士)です。

偏食夫と偏食子ども

偏食夫と偏食子どものわが家。

当初は、いろんな料理、食材を食べてもらいたいと思っていました。

しかし、みんな、こだわりが強く、食感にも敏感で、無理強いはいけないと知りました。

頑張って作っても、食べてもらえないことが続くと心が折れてしまいます。

そこで、成長と共に食べられるようになることを信じ、食べてくれるものを探しています。

久しぶりのヒットはホットクック牛丼

以前にも、ホットクック牛丼は作ったことがあったのですが、その時は、あまり反応がよくありませんでした。

今回は、スイミングスクールの後で、おなかもすいていて、お肉も食べやすかったようで、「おかわり!」という声があがりました。

小食姉妹からは、滅多に「おかわり」の声は上がりません。

ホットクック牛丼作り方

(材料)

  牛肉

  玉ねぎ

  おろししょうが

  酒

  砂糖

  しょうゆ

  水

分量は今回、砂糖大さじ2.5、しょうゆ大さじ2.5にしてみましたが、やや甘みが強かったので、次回からは砂糖をもう少し減らそうとおもいます。

スイミングスクールに迎えに行く前にホットクックの煮物10分ボタンでスタートして、迎えに出かけました。

帰宅後、ドアを開けるといい匂いが漂っています。

出来上がりを見ると、たまねぎは白い状態でしたが、そのまましばらく保温していると、食べる時には、玉ねぎにつゆがしみ込んでいました。

牛肉は、手頃なお値段のものでしたが、とてもやわらかく仕上がりました。

玉ねぎは、実家の畑で作られたもの。

ばあちゃんが、子どもたちのリクエストのお菓子と共に、収穫した玉ねぎ、じゃがいも、頂き物ののり等を送ってきてくれました。

のりはいつもすぐに子どもたちが食べてしまって、なくなります。

じいちゃん、ばあちゃんの思いも込められた食材だったから、食べられたのかな?

野菜嫌いが、「玉ねぎもっとちょうだい。」と言っていました。

今夜は、送ってもらったじゃがいもと玉ねぎで、『ホットクックベーコンじゃが』にします。

らぼ

臨床検査技師として働く、管理栄養士、上級健康食品管理士、保育士、簿記3級、FP3級の資格を持つ転勤妻(40代)です。2歳差姉妹ママ。
自身は中学受験、高校受験、大学受験を経験。

自由な時間を作り出して、自分と子どもの好き・得意を伸ばせるよう、育児に奮闘中です。

子育て、暮らし、研修記録などをつづっています。

らぼをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました