スマホを持っていない小学生でも、チャレンジタッチでグループチャットが楽しめる!『つながるトーク』

チャレンジタッチ スマホを持っていなくても グループチャットが楽しめる 『つながるトーク』 子育て

2024年1月18日にリリースされた【進研ゼミ小学講座】 チャレンジタッチの機能『つながるトーク』

子どものチャレンジタッチと、保護者の『まなびの手帳』アプリでグループチャットができるようになりました!これまでは、メールのみでしたが、LINEのようにグループチャットで1日に10回までやりとりできます。

追加で5名まで登録できるので、例えば、父・母・きょうだい・祖父母などでグループを作ることができます。

文字やスタンプだけではなく、子どものチャレンジタッチからは、タッチペンで書いた文字や絵を画像として送ることが出来るので、まだ文字が書けない新1年生やテキスト入力できない低学年でも使用可能。

姉妹でチャレンジタッチ受講中のわが家もさっそく『つながるトーク』を使ってみました。

子どもからはタッチペンで書いたメッセージや絵が送られてきました。

チャレンジタッチ『つながるトーク』


普段、なかなか直接言葉にできないこともメッセージだとお互い送りやすかったりします。


チャレンジタッチ『つながるトーク』


怒ってしまった後のフォローにも(笑)

偉人のスタンプもあり、名言付きで、楽しく歴史の勉強もできちゃいます。

(スマイルゼミ には、『みまもるトーク』という同様の機能がすでにあるので、チャレンジタッチが後を追ったかたちですね。)

スマホを持っていない小学生でも、LINEのような機能が使えて、やりとりを楽しみながら、チャレンジタッチを開くきっかけが増えますね!


近視抑制ウェアラブルデバイス「アイケアークリップ」





名探偵コナンワークブック



らぼ

臨床検査技師として働く、管理栄養士、上級健康食品管理士、保育士、簿記3級の資格を持つ転勤妻(40代)です。2歳差姉妹ママ。
自身は中学受験、高校受験、大学受験を経験。

自由な時間を作り出して、自分と子どもの好き・得意を伸ばせるよう、育児に奮闘中です。

子育て、暮らし、研修記録などをつづっています。

らぼをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました