PR

内向型医療従事者におすすめの職場環境

内向型医療従事者におすすめの職場環境 臨床検査

仕事上の悩みは、自分で解決できないことも多いですが、環境から変えることを考えてみましょう。

疲弊しやすい内向型医療従事者にとって、日々の働く環境はとても大切です。

自分に合った職場環境で、自身の力を最大限に発揮していきましょう。

内向型医療従事者におすすめの職場環境

  • 自分のペースでできる
  • 一人で集中できる
  • 静か
  • 責任の範囲が明確
  • マルチタスクでない

 

内向型医療従事者は、広範囲の業務をマルチに担当するよりも、集中して取り組む業務の方が向いています。

具体的には、いろんな部署から電話がかかってくるような業務より、ほとんど電話のかかってこないような静かな環境の業務です。常に機械音が鳴っているような環境も無意識のうちにエネルギーを奪われている可能性があります。

内向型の医療従事者は、一人で集中力を必要とする業務が得意です。集中力を必要とする業務が苦手な人達の中では、重宝されるでしょう。

複数人で同時に取り組むような業務は、苦手なので、自分の責任の範囲が明確な業務に正確に取り組む方が向いています。


これらの環境に注目して、現在の職場で取り入れられる部分がないか見直してみてください。

ご自身がマニュアルを提案してみたり、部署異動の際には自分の才能が発揮できる環境から選んでみてください。

転職の際には、自分にとって優先度の高いことがあてはまる職場かチェックしてみてください。

時間の過ごし方は人生そのものです。


みなさんが、内向型の強みを活かして活躍されることを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました